地球環境。一言で言っても、その中には生物の営み、火山活動など大地の営み、そして、その環境を構成し、循環する元素などさまざまな要因から成り立っています。鹿児島大学理学部地球環境科学科 環境解析講座は3名の教員がらなり、化学における様々な分野から環境を理解することを目指しています。

各教員の研究概要については「研究・教員紹介」を、より詳しい研究内容については「業績リスト」をご覧下さい.研究室配属を考えている地球環境科学科の学生、理学部への入学を考えている高校生の皆さんは、「学生の皆さん」をご覧下さい.

トピックス

2017年9月28日
冨安教授がNHK BS 国際報道2017(午後10時~11時) に出演予定です
2017年9月25日
イオン液体中における錯形成反応に関する研究成果がThe Journal of Physical Chemistry Bに掲載されました
2017年9月18-24日
インドネシア共和国での水銀汚染調査に参加しました(冨安,児玉谷)
2017年9月18日
M1谷末が参加したニトロソジメチルアミンのオンライン測定法に関する研究成果がEnvironmental Science: Water Research & Technologyに掲載されました
2017年9月9-12日
日本分析化学会第66年会@東京理科大学に参加しました(冨安,神崎,児玉谷,三ツ井,谷末,安松)
過去のトピックスはこちら